マイカーローンの違い

同じマイカーローンでもディーラーと銀行では大きく異なる

残価設定型マイカーローンとは

ディーラーローンは金利が高いと言われていますが、今は半額で新車に乗るなど、景気のいいキャッチコピーもあります。毎月の支払額を抑えて新車を購入する手段に残価設定型のマイカーローンがあります。ディーラーローンだから支払いの負担が大きいとは限りません。

 

残価設定型のマイカーローンでは、例えば3年後の車の査定額を想定します。200万円の車の3年後の査定額を120万円だと仮定すると、3年ローンで80万円を支払っていけばいい計算になります。3年後は載っている車を売却すれば、ローンの支払いは完了です。200万円の車でも、実際に支払うのは80万円なので、支払いの負担は少なくて済みます。

 

残価設定型のマイカーローンでは、3年後に車を売却するかどうかは、その時に決めれば問題ありません。売却して整理をして、車を手放してもいいですし、そのまま新しい車に乗り換えてもいいでしょう。また、今の車に載り続けたいなら、残価を一括またはローンで支払いながら乗り続けるのも可能です。

 

残価設定型マイカーローンのメリットとしては、毎月の支払額を抑えながら新車ローンを組める点と、ローン支払後の選択が自由な点にあります。頻繁に新車に乗り換えたいのであれば、毎月の支払額を抑えつつ乗り換え続けられます。