マイカーローンの違い

同じマイカーローンでもディーラーと銀行では大きく異なる

手続きの複雑さの違い

ディーラーローンと比べると銀行のマイカーローンは金利が低いと言われています。実際銀行のマイカーローンを選んだだけで支払総額に数十万円もの差が付く場合もあります。これからマイカーローンを組むのであれば、一度は比較して見るのをお勧めします。

 

金利が低いのは魅力的ですが、銀行のマイカーローンは手続きが面倒だというイメージもあるようです。その点はもっともな話で、ディーラーローンなら販売とローンの斡旋の両方をディーラーが行ってくれます。こちらは指示通りに手続きを進めていくだけなので簡単です。銀行のマイカーローンを利用したいのであれば、販売店だけではなく銀行での手続きも必要となります。

 

しかし、銀行のマイカーローンの申込みは、車の購入が決まる前からでも行えます。車の購入を考えている時点で、事前申し込みを済ませておけるのです。しかもその時点で審査が行われるので、希望額借りられるかどうかも事前に目安がつきます。

 

審査に通った段階で、後は本契約手続きを残すのみとなります。銀行でも事前申し込みはネットで行えるのが一般的なので、さほど手間はかかりません。

 

一方ディーラーローンの場合、手続きは簡単に進むとしても、審査申込みは直前まで行われないので、審査に通るかどうかは最終段階までわかりません。