マイカーローンの違い

同じマイカーローンでもディーラーと銀行では大きく異なる

残価設定型マイカーローンの落とし穴とは

ディーラーローンなら残価設定型マイカーローンでの購入という選択肢もあります。銀行のマイカーローンは金利が低いですが、残価設定型のマイカーローンなら毎月の支払額を抑えながら新車を購入できます。ローン支払い完了後に売却も乗り越しも自由なので、とても魅力的に見えるかもしれません。しかし、残価設定型マイカーローンでは実質的に値下げをしているわけではないので、当然落とし穴もあります。

 

一見ローン支払後の選択肢が自由に見えますが、再度ローンを組んで乗り続けるのであれば、金利手数料の総額はかえって高くついてしまう場合があります。乗り続けるというのであればそれはもっともな話です。同じ金額の車を購入して、毎月のローン支払額が少なければ、金利手数料は高くついてしまいます。初めから乗り続けるつもりであれば、残価設定型マイカーローンは支払総額で損をする可能性が高いです。

 

また、ローン支払い終了後の査定額についてですが、走行距離や車両の品質によっては、査定額が想定より下がってしまう可能性もあります。その場合、初めに想定されていた査定額との差額を請求されるケースもあります。

 

そして残価設定型のマイカーローンで購入した車は、購入というよりリースに近い購入方法となります。

 

しっかりと購入をしたいのであれば残価設定型ではなく通常のマイカーローンの利用となり、金利で選ぶならやはり低金利で借りられる銀行のマイカーローンとなるでしょう。銀行の中でも金利が低いところ、サービスに優れるところと様々あるので、まずは多くの銀行マイカーローン情報を見ておく必要があります。

 

詳しくはhttp://www.mycarloan-select.com/で人気のマイカーローン情報がまとめられているので見ておくようにし、どの銀行で借りるかを金利や希望内容によって決めると、残価設定型ではない通常のマイカーローンでも金利負担を変えずに利用できるようになるでしょう。