マイカーローンの違い

同じマイカーローンでもディーラーと銀行では大きく異なる

ディーラーローンと銀行のマイカーローンの違い

マイカーローンを組むにあたって、ディーラーローンと銀行のマイカーローンの違いを知らないと、失敗や損をする可能性があります。どちらも車の購入に使えるローンですが、その内容には多くの違いがあります。

 

ディーラーローンは金利が高いと言われていますが、毎月の支払いを抑える方法として残価設定型のマイカーローンも用意されています。銀行だから必ずしも支払いを抑えられるとも限りません。一概に説明しにくい、ディーラーローンと銀行のマイカーローンの違いをまとめました。

 

銀行の優れるマイカーローン

 

ディーラーローンは車が担保になる

ディーラーローンと銀行のマイカーローンの違いの1つに、所有権があります。ディーラーローンでは購入する車の所有権が、ローン支払い完了後まで自分にありません。銀行のマイカーローンでは、初めから自分がオーナーになります。

 

車の所有権が自分にあるので、銀行のマイカーローンなら譲渡や売却も自由に行えます。ディーラーローンの場合、借り物の車に載っているようなものなので、これらの手続は面倒になります。気分的にも自分がオーナーである方が気持ちよく乗り続けられます。

 

その代り、ディーラーローンでは車が担保になる分、審査は安心感があります。貸付け元からすればローン支払いができなくなれば車を売却して補填できるので、それだけ貸付けリスクが抑えられるためです。

 

保証料と固定変動金利

車をローンで購入する場合、金利手数料とは別に保証料がかかる場合があります。見た目の金利が低くても、保証料が別途にかかる場合には、支払総額は思ったよりも上がってしまう可能性もあります。その為、金利を見る時には、保証料も確認しておく必要があります。

 

ディーラーローンでは、金利手数料とは別に保証料が取られる場合もあるので注意が必要です。銀行のマイカーローンの場合には、保証料は金利に含まれている場合がほとんどです。念のため確認はした方がいいかもしれませんが、保証料が含まれていて尚低金利なので、ディーラーローンよりも大幅にお得になる可能性は高いです。

 

また、金利には固定金利と変動金利があります。固定金利ならローン支払い完了まで金利が同一ですが、変動金利では半年に1度程度の割合で金利の見直しが入る可能性が有ります。変動金利はリスクが高いように見えるかもしれませんが、低金利なのは変動金利の方です。

 

ディーラーローンでは基本的に固定金利が適用されます。その為、ディーラーローンはどうしても金利が高めに設定されています。一方銀行のマイカーローンでは変動金利と固定金利を選択できる所や、変動金利の所もたくさんあります。銀行のマイカーローンの金利がお得なのは、変動金利であるという点も関係しています。

 

変動金利は金利が動いてしまうリスクがあるのは事実ですが、実際には住宅ローンなどとは異なり、マイカーローンの金利はそう簡単には動きません。住宅ローンのように数千万円といった超高額の契約となるわけでもないので、仮に金利が変動したとしても前倒しで返済をすれば良いだけでリスクは比較的抑えられます。

 

また、中古車を買う場合などは借りる金額自体がそこまで大きくはならないため、低利率で借りられる変動金利が生きてきます。変動金利型で借りれば中古車のマイカーローンもお得に利用ができるため、金利が高くなりがちな中古車のマイカーローンは銀行で組むと良いです。
詳しくはhttp://xn--ecko5mkc4a4cb7261jdgyc.jp/osusume.html

 

繰り上げ返済の自由度

ローンは何年かかけて組む人が多いですが、車を早く乗り換えたい、多めに返済して整理したいなど、繰上げ返済を望む場面が出てくる可能性もあります。ディーラーローンの場合繰上げ返済には厳しく、一括のみ受け付けていたり、高額な繰り上げ返済手数料がかかったりする場合があります。

 

ディーラーローンの金利手数料には、販売店に入るマージンも含まれているので、繰上げ返済をされると困る事情があります。

 

銀行のマイカーローンでは、繰上げ返済時の手数料が無料である所も多く、かかっても少額で済む場合も多いです。返済計画の変更の可能性を考えるのであれば、銀行のマイカーローンの方が融通も利きやすいと言えます。

 

また、銀行のマイカーローンは借り換えにも対応しています。より条件の良い銀行のマイカーローンに変更もしやすいですが、この点もディーラーローンは対応していません。

 

ディーラーでの高いローンや、信販会社のオートローンなどで金利負担が大きくなってしまっている場合には、低金利の銀行マイカーローンに借り換えれば負担が軽くなる可能性があります。借り換えとして利用をする際にはhttp://www.mycarloan-net.jp/のマイカーローン借り換え情報を見ておき、より低負担で借りられるようにしておくと良いです。

 

銀行で借りるマイカーローンと言っても様々な種類があり、大手銀行やネット銀行のほか、地方銀行のマイカーローンも人気が高いです。借り換えとしての利用だけに限らずですが、多くの銀行マイカーローン情報を見ておくと希望内容に近い借入れが利用できるようにもなるので、焦って決める前にしっかりと確認や比較をしてから申し込み申込みの手続きに入ると良いでしょう。

残価設定型のマイカーローンは、新車に乗りたいけれど毎月の支払い額を抑えたいという人に向いています。残価設定型はディーラーローンならではのローンだと思うかもしれません。実際銀行のマイカーローンでは、残価設定型のマイカーローンの取り扱いはしていません。ディーラーと違い、銀行はお金の面でのやり取りのみとなるので、残価設定型のようなローンの組み方は現状ありません。

 

しかし、銀行のマイカーローンでも、残価設定型のような利用方法はあります。そもそも金利が低いので、銀行のマイカーローンであれば支払額を抑えられます。ただ、残価設定型のように3年や5年のローンではなく、ちょっと長めに支払期間を取ります。例えば支払期間を7年、10年と長くとれば、銀行のマイカーローンでも毎月の支払額は大幅に抑えられます。

 

そして、今の車を乗り換えたいタイミングで、車を売却して一括返済してしまいます。銀行のマイカーローンなら繰上げ返済も可能なので、このようなローンの活用方法も可能です。

 

ディーラーローンの残価設定型マイカーローンと比べると強引に感じるかもしれませんが、実際金利が低いのは銀行側であるだけでなく、残価設定型と違って売却タイミングに縛られないというメリットもあります。

 

それがどうしても面倒でよく分からないといった場合には、銀行のマイカーローンへ残価設定型から借り換えるといった使い方もあります。借り換えなら元々が残価設定型で借りていても返済は通常のマイカーローンとなるので、分かりづらい部分もありません。

 

多くの銀行マイカーローンではhttp://www.autoloan-kinri.com/の通りに借り換えにも対応をしているため、残価設定型で借りているとしても借り換えとして、低金利でマイカーローンが利用できるようになっています。

続きを読む≫ 2017/09/24 13:21:24

ディーラーローンなら残価設定型マイカーローンでの購入という選択肢もあります。銀行のマイカーローンは金利が低いですが、残価設定型のマイカーローンなら毎月の支払額を抑えながら新車を購入できます。ローン支払い完了後に売却も乗り越しも自由なので、とても魅力的に見えるかもしれません。しかし、残価設定型マイカーローンでは実質的に値下げをしているわけではないので、当然落とし穴もあります。

 

一見ローン支払後の選択肢が自由に見えますが、再度ローンを組んで乗り続けるのであれば、金利手数料の総額はかえって高くついてしまう場合があります。乗り続けるというのであればそれはもっともな話です。同じ金額の車を購入して、毎月のローン支払額が少なければ、金利手数料は高くついてしまいます。初めから乗り続けるつもりであれば、残価設定型マイカーローンは支払総額で損をする可能性が高いです。

 

また、ローン支払い終了後の査定額についてですが、走行距離や車両の品質によっては、査定額が想定より下がってしまう可能性もあります。その場合、初めに想定されていた査定額との差額を請求されるケースもあります。

 

そして残価設定型のマイカーローンで購入した車は、購入というよりリースに近い購入方法となります。

 

しっかりと購入をしたいのであれば残価設定型ではなく通常のマイカーローンの利用となり、金利で選ぶならやはり低金利で借りられる銀行のマイカーローンとなるでしょう。銀行の中でも金利が低いところ、サービスに優れるところと様々あるので、まずは多くの銀行マイカーローン情報を見ておく必要があります。

 

詳しくはhttp://www.mycarloan-select.com/で人気のマイカーローン情報がまとめられているので見ておくようにし、どの銀行で借りるかを金利や希望内容によって決めると、残価設定型ではない通常のマイカーローンでも金利負担を変えずに利用できるようになるでしょう。

続きを読む≫ 2017/09/24 13:21:24

ディーラーローンは金利が高いと言われていますが、今は半額で新車に乗るなど、景気のいいキャッチコピーもあります。毎月の支払額を抑えて新車を購入する手段に残価設定型のマイカーローンがあります。ディーラーローンだから支払いの負担が大きいとは限りません。

 

残価設定型のマイカーローンでは、例えば3年後の車の査定額を想定します。200万円の車の3年後の査定額を120万円だと仮定すると、3年ローンで80万円を支払っていけばいい計算になります。3年後は載っている車を売却すれば、ローンの支払いは完了です。200万円の車でも、実際に支払うのは80万円なので、支払いの負担は少なくて済みます。

 

残価設定型のマイカーローンでは、3年後に車を売却するかどうかは、その時に決めれば問題ありません。売却して整理をして、車を手放してもいいですし、そのまま新しい車に乗り換えてもいいでしょう。また、今の車に載り続けたいなら、残価を一括またはローンで支払いながら乗り続けるのも可能です。

 

残価設定型マイカーローンのメリットとしては、毎月の支払額を抑えながら新車ローンを組める点と、ローン支払後の選択が自由な点にあります。頻繁に新車に乗り換えたいのであれば、毎月の支払額を抑えつつ乗り換え続けられます。

続きを読む≫ 2017/09/24 13:21:24

ディーラーローンと比べると銀行のマイカーローンは金利が低いと言われています。実際銀行のマイカーローンを選んだだけで支払総額に数十万円もの差が付く場合もあります。これからマイカーローンを組むのであれば、一度は比較して見るのをお勧めします。

 

金利が低いのは魅力的ですが、銀行のマイカーローンは手続きが面倒だというイメージもあるようです。その点はもっともな話で、ディーラーローンなら販売とローンの斡旋の両方をディーラーが行ってくれます。こちらは指示通りに手続きを進めていくだけなので簡単です。銀行のマイカーローンを利用したいのであれば、販売店だけではなく銀行での手続きも必要となります。

 

しかし、銀行のマイカーローンの申込みは、車の購入が決まる前からでも行えます。車の購入を考えている時点で、事前申し込みを済ませておけるのです。しかもその時点で審査が行われるので、希望額借りられるかどうかも事前に目安がつきます。

 

審査に通った段階で、後は本契約手続きを残すのみとなります。銀行でも事前申し込みはネットで行えるのが一般的なので、さほど手間はかかりません。

 

一方ディーラーローンの場合、手続きは簡単に進むとしても、審査申込みは直前まで行われないので、審査に通るかどうかは最終段階までわかりません。

続きを読む≫ 2017/09/24 13:21:24

ディーラーローンは金利が高いと言われていますが、審査は通りやすいと言われています。銀行系のマイカーローンは審査が厳しいと言われていますが、同じマイカーローンです。銀行のマイカーローンだと途端に審査が厳しいものになるわけではなく、比較するとディーラーローンが通りやすいという程度です。ディーラーローンの審査が通りやすいのにはいくつか理由があります。

 

まず単純に、金利が低いローンほど審査は厳しくなります。貸付け側としては金利が低い程回収リスクは高くなるので、金利が高いディーラーローンは審査も通りやすくなります。

 

また、ディーラーローンでは購入する車が担保になるので、その分審査が通りやすくなります。
参考情報:http://www.mycarloan-shinsa.com/

 

そして、ディーラーローンでの貸付け元は信販会社です。同じ種類のローンであれば、銀行よりも信販会社の方が審査に通りやすい傾向にあります。絶対とは言えませんが、信販会社が貸付けしているディーラーローンの方が審査の面では有利となります。

 

ただし、ディーラーローンでも金融事故を起こした人に対しては審査も甘くありません。逆に、収入に見合った借入額の範囲内であれば、銀行のマイカーローンもそれ程厳しいものではありません。多くの人にとっては、マイカーローンの審査の厳しさの違いは、それ程重要ではありません。

続きを読む≫ 2017/09/24 13:21:24